布製マスクの予防効果はどの程度ですか?
ウイルスを含む飛沫の拡散を防ぎ、手指が口や鼻に触れてウイルスが侵入することを防ぐ上で一定の効果があると考えられます(1)。
参考(1):厚生労働省
「布マスクの全戸配布に関するQ&A」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/cloth_mask_qa_.html
アメリカ疾病予防管理センター(CDC)も、社会的距離(約2メートル)を維持するのが難しい公共の場(食料品店や薬局など)では、布製マスクを着用することを推奨しています(2)。
参考(2):アメリカ疾病予防管理センター(CDC)
「Recommendation Regarding the Use of Cloth Face Coverings, Especially in Areas of Significant Community-Based Transmission」
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/cloth-face-cover.html
しかし、布製マスクは医療用マスクと比べて飛沫飛散予防効果が劣り、医療従事者におけるウイルス感染リスクも高くなるとの研究報告もあるため、その点は注意が必要です(3)(4)。
参考(3):アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)
「Testing the Efficacy of Homemade Masks: Would They Protect in an Influenza Pandemic?」
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24229526/
参考(4):ブリティッシュメディアジャーナルズ(BMJ)
「A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workers」
https://bmjopen.bmj.com/content/5/4/e006577

NPO法人 関西健康・医療学術連絡会 「COVID-19タスクフォース」

  • Facebook

免責事項

当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払い、信頼性、正確性の保持に努めますが、掲載された情報について正確であること、最新であることを保証するものではなく、情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関しまして、当法人は一切責任を負うものではありません。また、当サイト上のコンテンツは、予告なしに変更または廃止されることがありますのであらかじめご承知おきください。

アクセス解析について
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら(https://www.google.com/analytics/terms/jp.html)からご確認ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CC-BY-SA 4.0)

当サイトのコンテンツは「原著作者のクレジット表示」とと「改変した場合には元の作品と同じCCライセンスで公開」の条件を満たせば、商用利用も含め自由に転載・印刷できます。ただし、リンク先のコンテンツは、リンク先の著作権表記に従ってください。