多床室の施設であり、隔離が難しい場合はどう対処したらよいですか?
個室対応が困難な場合は、COVID-19疑いの患者を同室に収容して対応し、他の利用者との接触を防ぎます。その際、COVID-19確定患者と疑い患者については、部屋を分けるほうが望ましいです。すなわち、①COVID-19確定患者、②COVID-19疑い患者、③その他の利用者、と部屋を分けます。可能であればこのように対応することが望ましいですが、実際には患者の特性などによって、部屋割りが機能しないケースも想定されます。
現時点では施設入所が必要な虚弱高齢者がCOVID-19と確定診断された場合には、入院で経過観察となる可能性が高いように思われ、現時点で確定例、疑い例、その他の3種類の患者が同一施設に同時に存在する可能性は低いと想定されます。
参考:WHO
「長期療養型施設における COVID-19 感染予防と制御に関するガイダンス(暫定ガイダンス)」
https://extranet.who.int/kobe_centre/sites/default/files/20200321_JA_LTC.pdf
「Infection prevention and control of epidemic-and pandemic prone acute respiratory infections in health care」https://www.who.int/csr/bioriskreduction/infection_control/publication/en/
参考:Respirology, 2003, 8 Suppl: S41–45.
「SARS: hospital infection control and admission strategies.」Hoほか
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15018133

NPO法人 関西健康・医療学術連絡会 「COVID-19タスクフォース」

  • Facebook

免責事項

当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払い、信頼性、正確性の保持に努めますが、掲載された情報について正確であること、最新であることを保証するものではなく、情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関しまして、当法人は一切責任を負うものではありません。また、当サイト上のコンテンツは、予告なしに変更または廃止されることがありますのであらかじめご承知おきください。

アクセス解析について
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら(https://www.google.com/analytics/terms/jp.html)からご確認ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CC-BY-SA 4.0)

当サイトのコンテンツは「原著作者のクレジット表示」とと「改変した場合には元の作品と同じCCライセンスで公開」の条件を満たせば、商用利用も含め自由に転載・印刷できます。ただし、リンク先のコンテンツは、リンク先の著作権表記に従ってください。