どれくらいの頻度で消毒したらよいですか?
サービス提供開始時と終了時に、(液体)石けんと流水による手洗いまたは消毒用エタノールによる手指消毒を実施する。手指消毒の前に顔(目・鼻・口)を触らないように注意する。
「1ケア1手洗い」、「ケア前後の手洗い」を基本とする。
参考:厚生労働省
「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2)」
https://www.mhlw.go.jp/content/000619845.pdf
施設内は清潔に保つため、毎日清掃を行います。
  • 罹患が疑われる利用者が使用するスペースは、平らなものや頻繁に触れるもの(例:電灯スイッチ、ドアノブ、ベッド柵、床頭台、電話など)に注意して清掃・消毒を行います。
  • 清掃には乾いた布巾ではなく、湿らせた布巾を使用します。
  • 布巾やモップを使用する際は、掃除用具・すすぎ用水は頻繁に交換します。
  • 洗浄と消毒に使用する用具は、使用するたびに必ず洗浄および乾燥させます。
  • 布巾・モップヘッドは毎日洗濯し、保管または再利用する前に完全に乾かします。
  • 掃除機はエアロゾルを発生させる可能性があるので、使用を控えます。
  • 罹患が疑われる利用者は可能であればカーペットのない部屋に収容します。
  • 消毒剤の病室への散布は推奨されません。
WHOガイドラインには清掃・消毒について以下のとおり記載があります
  • 隔離室の水平面を清潔に保ちます。特に、患者が横になったり頻繁に触れたりした表面、および患者のベッドのすぐ近くに焦点を当てて、定期的に清掃します(3)。
  • ARI病原菌のエアロゾルが発生する可能性を回避するには、乾いた布巾ではなく、湿らせた布巾を使用します。
  • 布巾やモップを使用する際は、掃除用具・すすぎ用水はすぐに汚染されます。医療施設の規則に従って、布巾やモップヘッド、すすぎ用水を頻繁に交換します。
  • 洗浄と消毒に使用する用具は、使用するたびに、必ず洗浄および乾燥します。
  • モップヘッドを毎日洗濯し、保管または再利用する前に完全に乾かします(4)。
  • 毎日の清掃を容易にするために、患者の周りの領域に不要な物資や機器を置きません。
  • 感染していることがわかっている、または、感染している疑いのある患者が使用する場所の表面を、消毒剤で拭き取ります(5)。
  • 病室へ消毒剤を散布しません。これは危険な慣行であり、疾病管理の利点は証明されていません(6)。
  • 掃除を容易にし、掃除機の使用によってエアロゾルが発生する可能性を減らすために、可能であればカーペットのない部屋に患者を収容します。
  • 掃除機が必要な場合は、利用可能であれば、高効率粒子状空気(HEPA)フィルターが装備された掃除機を使用します。
参考(1):WHO
「長期療養型施設における COVID-19 感染予防と制御に関するガイダンス(暫定ガイダンス)」
https://extranet.who.int/kobe_centre/sites/default/files/20200321_JA_LTC.pdf
参考(2):WHO
「Infection prevention and control in health care」
https://www.who.int/csr/bioriskreduction/infection_control/en/
参考(3):American Journal of Infection Control, 2004, 32(2):84–89.
「Does disinfection of environmental surfaces influence nosocomial infection rates? A systematic review」Dettenkoferほか
参考(4):Journal of Applied Bacteriology, 1990, 68(3):279– 283.
「Investigations of the effectiveness of detergent washing, drying and chemical disinfection on contamination of cleaning cloths」
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&dopt=Citation&list_uids=2341327
参考(5):Annals of Emergency Medicine, 2004, 43(1):27–33.
「Sequential symptomatic analysis in probable severe acute respiratory syndrome cases」Chenほか
参考(6):Journal of Hospital Infection, 1987, 9(2):151–157.
「Potential hazard from spray cleaning of floors in hospital wards」Medcraftほか

NPO法人 関西健康・医療学術連絡会 「COVID-19タスクフォース」

  • Facebook

免責事項

当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払い、信頼性、正確性の保持に努めますが、掲載された情報について正確であること、最新であることを保証するものではなく、情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関しまして、当法人は一切責任を負うものではありません。また、当サイト上のコンテンツは、予告なしに変更または廃止されることがありますのであらかじめご承知おきください。

アクセス解析について
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら(https://www.google.com/analytics/terms/jp.html)からご確認ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

当サイトのコンテンツは「原著作者のクレジット表示」と「改変の禁止」の条件を満たせば、商用利用も含め自由に転載・印刷できます。ただし、リンク先のコンテンツは、リンク先の著作権表記に従ってください。