利用者がマスクを着用すると暑いので、代わりにフェイスシールドを着用することを考えているようです。日常生活の中でマスクやフェイスシールドを使用する場合の有効性、使用時の注意点はありますか。

フェイスシールドにも一定の感染予防効果があると考えられますが、飛沫の飛散や吸い込みを防止する効果についてはマスクに劣る可能性があります。
一方で、利用者等の多くを占める高齢者においては、夏季には熱中症の予防にも留意する必要があります。無理なマスク着用により熱中症のリスクが上昇することも懸念されます。

上記を踏まえ、厚生労働省による「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント」も参考にしながら、どのような場面でフェイスシールドをマスクの代用としてよいか、利用者等と合意を形成していくことが勧められます。

参考1:NHK「新型コロナウイルス Q&A NO.6 - 医療機関などで使われている、顔を覆うカバー「フェイスシールド」はマスクの代わりに使えるのでしょうか。使う際はどのようなことに注意すればよいのでしょうか?」https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2020/04/0430_2.html

参考2:厚生労働省「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント」https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

NPO法人 関西健康・医療学術連絡会 「COVID-19タスクフォース」

  • Facebook

免責事項

当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払い、信頼性、正確性の保持に努めますが、掲載された情報について正確であること、最新であることを保証するものではなく、情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関しまして、当法人は一切責任を負うものではありません。また、当サイト上のコンテンツは、予告なしに変更または廃止されることがありますのであらかじめご承知おきください。

アクセス解析について
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら(https://www.google.com/analytics/terms/jp.html)からご確認ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CC-BY-SA 4.0)

当サイトのコンテンツは「原著作者のクレジット表示」とと「改変した場合には元の作品と同じCCライセンスで公開」の条件を満たせば、商用利用も含め自由に転載・印刷できます。ただし、リンク先のコンテンツは、リンク先の著作権表記に従ってください。